【美容室HPの案件】ホームページ制作の流れ、初心者向けです。

WEB・PC

どうもけいぷろです。今回は、ホームページ制作の流れを話したいと思います。
 ※お客様から許可済

2020年10月にプログラミングスクールに通い、12月に卒業 同月にホームページ制作の案件を獲得
(美容室を経営している知り合い)


運◎


私が制作したホームページはこちら↓
https://imton.jp/


 ※今後追加機能は実装します

ちなみに、今回の記事は受注〜納品までの全体の流れになるので、技術的な部分はありませんので注意を・・・・

それではいってみましょう!

ホームページ制作の流れ

実際に企業案件を行っている「めがねん」さんからもアドバイスも頂きました。
めがねんさんのブログ→https://meganelog.site/
 ※いつもありがとうございますm(__)m

流れは下記の感じで、1項目ごとにクライアントにフィードバックをするイメージです。

①要求定義
②フレームワーク設計
③デザイン設計
④ローカルサーバーでコーディング
⑤本番サーバーへアップ

※通常チーム開発では要件定義も行いますが、2人で制作しているので行っていません

今回は、ゼロからコーディングしなくてもブログやホームページが作成できる、WordPressというソフトを使いました。

世界のWebサイトの4割はWordPressでできているので、覚えておいて損はないと思います!

要求定義

①要求定義
②フレームワーク設計
③デザイン設計
④ローカルサーバーでコーディング
⑤本番サーバーへアップ

要求定義は、『クライアントの要望を形にすることです

ここでいう形とは、文字に起こして相手との意思疎通を図るという意味になります。

聞く内容は

 ・目的
 ・ペルソナ(ターゲット客)
 ・店の強み
 ・ホームページコンセプト

このあたりを聞き取ります。

zoomを使い、画面共有で文字を見ながらすると分かりやすいですね!



店舗を構えて経営している人であれば、しっかりした考え方を持っている人が大半だと思いますので、考えを見える化するのがこちら側の仕事ですね!

話し合いをして内容を整理し、今回のテーマは、『暖かみのあるアットホームな雰囲気』のホームページにすることになりました。
 ※細かい内容は割愛 

フレームワーク、デザイン設計

①要求定義
②フレームワーク設計
③デザイン設計
④ローカルサーバーでコーディング
⑤本番サーバーへアップ

要求定義が終わったら次は、フレームワーク設計に入ります。

フレームワークとは『ホームページ全体の設計図です

要求定義で聞いた内容をもとにフレームワークを設計します。

今回は、AdobeXDを使用して設計。

こんな感じで作成、メニューが縦と横2種類案をだしました
図は1つの案


ExcelやPowerPointなどでもつくれますが、忠実に再現するならばXDで作成したほうがいいと思いますね。

フレームワークをクライアントに見せOKをもらったらデザインに移ります。
デザインは、色や書体、写真などのバランスを見てもらいます。

自分の場合は、写真がまだ撮影していませんでしたので
写真は、今ある素材をあてて作成しました。

先程のフレームワークを元に作成


ホームページのイメージができてきました。

今回のポイント

・カラーは3色
・フォントは2種類
・写真は、左右のバランスをとる
・ロゴ、写真はオリジナル

デザインの基本的な部分は意識して設計しました。

ローカルサーバーで作成開始

①要求定義
②フレームワーク設計
③デザイン設計
④ローカルサーバーでコーディング
⑤本番サーバーへアップ

さて、デザインがある程度固まったら作成開始です!

ローカルサーバーとは、『自分のパソコンの中だけで動くサーバー』です
つまり、自分以外は作成中のサイトを見ることができません。

自分は、MAMPというローカルサーバーを構築してくれるソフトを使いました。
 ※「MAMP使い方」でググれば解説しているサイトが沢山あります

ローカルサーバーの準備ができたら、WordPressを使い、デザイン通りつくっていきましょう!

ある程度できたらクライアントと共有します。
zoomの画面共有機能を使うと便利ですね。



オッケーもらえたら本番サーバーへアップしましょう!

本番サーバーへアップ

①要求定義
②フレームワーク設計
③デザイン設計
④ローカルサーバーでコーディング
⑤本番サーバーへアップ

ローカルサーバーだと、自分以外の人は見れないですが、本番サーバーにアップすると、世界中の人がサイトを見れるようになります。



検索して見れるWebサイトのすべてが何かしらのサーバー経由でみなさんのパソコンに届いています。

本番サーバーへアップする流れは
①サーバーを契約
②ドメインを取得
③ローカルサーバー→本番サーバーへアップ
このような流れで進めます

①サーバーを契約
今回はエックスサーバーというレンタルサーバーを使用しました。

ここでサーバーを持っていない人は契約しましょう!
クライアントが契約するのか、自分が契約するのかは、相談ですね。

私は、相手が知り合いということもあり、自分のサーバーを使う事ににしました。

安いサーバーなら1ヶ月200円台から契約できます。
(接続の安定性などを考えると安いのは微妙かも)

サーバーを契約したら、ドメインの取得です。

②ドメインの取得
ドメインとは、アドレスの最後の方の○○.comや○○.jpなどの部分です。
住所のようなもので、取得したドメインは、世界で1つしか存在しません。
 ※ドメインが無いとサイトが表示できません

例えば今回だと
https://imton.jp/でいうところの
imton.jpという部分を買いました。
約2,000円で取得(年間更新料が約3,000円)

ドメインは買取になりますが、更新料がかかるので確認してから買いましょう!
オススメは、.comやco.jpなどの有名なドメインです。
 ※このあたりも割愛

ここでもクライアントに説明して、相談してから決めましょう。


ドメインの取得ができたらいよいよローカルから本番への移行をします。


③本番サーバーへアップ
ローカルサーバーから本番サーバーへアップするには、様々な方法があります。
FTPソフトを使い・・・とか言ってると終わらないので、「ローカルサーバーから本番へ」などでググってみて下さい。

私は、WordPressのプラグインという拡張機能を使い本番サーバーへ移行しました。

ミスると大変なので、慎重に行いましょう!

無事移行が完了後に、接続して問題なければ完了です!

まとめ

①要求定義
②フレームワーク設計
③デザイン設計
④ローカルサーバーでコーディング
⑤本番サーバーへアップ

このような流れで説明してきました。

一番重要なのは、①の要求定義だと思います。

やはりクライアントの要望が何なのか、ホームページを何に使いたいのか、どのようなコンセプトで作成したいのか、ということをしっかり聞いて、意思疎通を図れれば相手の信頼も得ることができ、その後の作成もスムーズにいくと思います。

あと、個人で受注している強みは、「相手に合わせて仕事ができること」だと思います。

クライアントによっては、日中時間取れず、深夜にミーティングをしたいという声もあると思います。そのような声に答えれるのが強みだと実感しました。
 ※一般的な企業は営業18時までとかだと思う

今後は、クライアントの追加要望に答えながら、さらにサイトを良くしていきます。

あっ、ちなみにロゴは、デザイン担当「ちゃんぐ」に依頼して作成してもらっています。

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました